きよかなきもの

歴史的人物

熊谷市出身の幕末の剣士として有名なのが、根岸友山と秋山要助です。根岸友山は、北辰一刀流を使う壬生浪士組の隊士で、庄内藩新徴組取締役も務めていました。現在の熊谷市胄山地区に誕生し、北辰一刀流の創始者である千葉周作の下で剣術を学びました。その後、一人前の剣士となると、自身でも自宅で剣術や学問の伝授を行ったと言われています。江戸幕府の監視下にあった浪士組に参加し京都で活動しますが、その後脱走を図り、江戸に戻って討幕活動に参加しました。明治23年に82歳で死去し、熊谷市にある冑山共同墓地に墓所が建てられました。

 

秋山要助も根岸友山と同じく江戸時代に活躍した剣士です。現在の熊谷市箱田地区に農家の子として誕生し、父親から鹿島新当流を学びました。その後、神道無念流の剣士として知られる戸賀崎暉芳の下で剣術を学び、さらに、神田猿楽町で撃剣館に入門、天然理心流を学ぶなど、さまざまな流派を習得し剣術に深く携わったと言われています。現在にも残る多くの小説にも登場しています。

 

その他、熊谷市で活躍した人物には、研究者である鈴木朝英や漫画家の五十嵐大介、文芸者である森村誠一や青山七恵などが挙げられます。

 

漫画家である五十嵐大介は少年漫画を中心に執筆しており、多摩美術大学を卒業し、現在は岩手県盛岡市に居住しています。1993年にデビュー後、その能力を認められ、文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞や日本漫画家協会賞優秀賞など、さまざまな賞を受賞しています。


本庄の風俗ならデリヘルスタイル

埼玉専門のデリバリーヘルス情報サイトです。最新デリヘル風俗情報をリアルタイムにお届け。
www.sai-deli.jp/